若いことと年を取ること Pro-aging

どうして人は老いることを恐れるのでしょうか?


若いことにそんなに価値があるのでしょうか?


たしかに年齢が若ければ生物体としての機能は、相対的に優れているでしょう。それが「魅力」的に映るんでしょう。

ただそれは同時に、生物のとしての経験や知の欠落が、魅力になりえていないことでもありえます。


たとえば友人に、もう一度若くなりたいか?と訊いたら、2度といやだね、と応えていました。自分が大学時代の先生も、同じことを言っていました。そのときは、観念的にしかわからなかったのですが、いまになるとこの先生がなぜそうおっしゃっていたのかがわかります。

若い、ということは判断力において決定的に劣るのです。


かく言う自分も精神的にはまだまだ子ども、はやく大人になりたい、などと未だにほざいている状態で、まったく困ったものです。

そろそろ成熟すべきときが来ているはずなのですが。


なぜこんなことを書くのか、というと、たまたま本を整理していたら、SUQQUで有名な田中宥久子さんの『美の法則』が出てきたからです。奥付から判断して、ほぼ2年前に読んでますね。


なるほど!というフレーズがたくさん出てきます。問題はそれを実行することでしょうか。「謙虚に戦え」など、はいまの自分にはぴったりかもしれません。

http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%AE%A5%E4%B9%85%E5%AD%90-%E7%BE%8E%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E5%AE%A5%E4%B9%85%E5%AD%90/dp/4872902548/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1207323793&sr=1-5
タグでちゃんと表示されないので、URL(長い)を貼っておきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック