田中公一朗 "The Future News"

アクセスカウンタ

zoom RSS 政策提案集 Policies

<<   作成日時 : 2008/11/01 01:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政策というプログラムを書く。政策立案者とはSEと同じだ。PRGが出来上がったらバグを修正する。devに耳を傾ける。


■政治・外交:

東アジア、東南アジアのバランスを取る。バランサーの役割をすることがリーダーシップになりうる。それがアジアだ。
北朝鮮関係では積極的なアプローチ。核拡散に反対する立場からバラク・オバマとの関係を持つ。つまり北朝鮮への食糧支援をむしろする。それは政権交代へのもっとも近い道であるし、結果的に拉致問題も解決しやすい。だったっ子政策は終える。

「長引いた麻生政権」の<自由と繁栄の弧>の実現にさらに動く。具体的には中東和平にいま以上に実際に動く。
自由と繁栄の弧
幻冬舎
麻生 太郎


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

麻生内閣のいい部分は外交だろうし、現時点では外交しかない。


■経済
アイスランド、ウクライナ、ハンガリーなどの国家の経済的フォローをする。ウクライナは日本との結びつきが強い。また、その他の国家破綻を避けることは比較的少ない額で可能。IMF経由よりも直接支援のほうがよい。特使派遣からはじめる。
これは日本経済にも極めていい影響をあたえる。

ヘリコ・マネー政策は避ける。


■社会
教育への投資。まず初等教育(入口)と大学院教育(出口)の充実。中等教育は後から。日本地域には教育がもっとも重要。



■文化
文化政策。私的機関の足を引っ張らない政策。また、寄付などがさらにしやすい税制。都市の力を削減しない。都道府県重視政策の長期的転換。

環境政策はすでに政治問題なので、真偽はさておき世界の先頭をきる。環境政策は文化政策でもある。


(内容は随時追加、修正します)。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政策提案集 Policies 田中公一朗 "The Future News"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる