アフォリズム、その28

どのみち、全員が満足するということはありえない。


もし全員が満足していたら、それはなにも起こっていないことと同じである。


学校は、人の創造性を奪う場所にしばしばなる。とくに記憶を中心にするとそうなる。なぜそれを覚えなければならないか、誰も説明できないし、説明もされないものを覚えなければならない。


仕事へのかかわり方が、仕事の質を決定する。


小さいもの。
たしかに「規模の経済」を求めるほうがいいケースもあるかもしれない。しかし小さく、流動的で、柔軟なもの。このほうがはるかに望ましく、また強い。


20世紀はミュージカルの時代であった。21世紀前半はオペラの時代であろう。オペラは18世紀に革命とともに広がった表現形式だ。同時に、オペラは革命思想そのものである。そして、現在は「革命的」な時代である。


革命の真っただ中にいる人は、革命に気がつきにくい。


人によっては自分が庶民であることに自分自身のプライドを見い出す。


裏切り。
神が人を裏切ったのだから、人は裏切りに苦痛を感じる。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック