【書評】宮台 真司、『日本の難点』


日本の難点 (幻冬舎新書)
幻冬舎
宮台 真司


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


このところ書評が続きます。
基本的に個人的に「いいな」と判断した本のみを「書評」としています。専門書は省いています。

さて、この『日本の難点』ですが、言葉が難解です。社会学の知見を解説なく使っているので、その知識がないと読むのはかなり厳しいのではないか。


しかし、内容は、予期理論やルーマンのシステム理論を駆使。「日本地域」にある、多くの問題に
宮台さん流に切り込んでいきます。

雇用、対米関係、秋葉原事件、少子化、自殺、バブル、マスメディアの今後、防衛政策、いじめ、クレイマー対策、と多岐にわたります。

自分と比較的近い立場ではあります。

自己決定権+再帰性の部分がもっとも重要なのでしょう。そこでの情報の非対称性に関しては
どう考えてらっしゃるのかしら?

たしかに現代は再帰性の時代なのですが、決定と情報の問題が抜けてしまっては、
再帰的テーマを扱えないのでは、と思います。


この本を踏み台に使わせていただければ、自分でもこういう「全体的」な政策提案はできそうです。


本書は今日(6/14日付)の日経新聞書評にもあり。

ここから、ルーマンやギデンズを読むのは私的にはおすすめします。ここまでアカデミックな内容なら、
参考文献を挙げていただいたほうがいいのでは。



〓気がついた誤植(5刷)
p.167、2行め

J・ウォーカー・ブッシュ × → G・ウォーカー・ブッシュ ○

瑣末なことですが念のため。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ アウトレット

    Excerpt: 【書評】宮台 真司、『日本の難点』 田中公一朗 "The Future News"/ウェブリブログ Weblog: プラダ アウトレット racked: 2013-07-06 10:45