ハリケーン・カトリーナから5年のニュー・オーリンズ Music and Trauma


ジャズ発祥の地とされるニュー・オーリンズ。もはやアメリカではジャズはほとんど聴かれない音楽になってしまいましたが、でもこういう伝統という形で残ってはいます。

ここでも画像に出てくるように、もはや自宅に戻ってこない家も少なくない。

このクラリネット・プレーヤー、マイケル・ホワイト、いい音ですね。(同姓同名のドラマーがいますが別人)。
彼が言うように、災害というのは、その後のほうがいろいろな意味で乗り越えるのがたいへんなのでしょう。

こういった精神面以外で、ニュー・オーリンズはどうなっているのか?というと、復興は進んでいるようです。スパイク・リーはここで最近映画を撮りました。

画像

                                                    from The New York Times

問題の堤防も完成間近。しかし、心の堤防、そして、水の悪夢はそう安々とは消えない。そして失った楽器も戻っては来ません。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: ハリケーン・カトリーナから5年のニュー・オーリンズ Music and Trauma 田中公一朗 "The Future News"/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-06 03:04