コンパクト主義という提言 Compactism

【コンパクト主義】Compactismという言葉にたどりつきました。


コミュニタリアン的なものでも、市場主義だけでもありません。
むしろ「空間の凝集性」を重視しようとする考え方です。

ここでいう主義、というのも、従来の主義ismとはやや意味が違うかもしれません。

大きなもの、の時代では、すでに終焉を迎えつつある、のはたぶん言う必要がないでしょう。
これからは、「この考え方が新しい」というのではなく、コンパクティズムが重視される場が増えるだろう、ということです。
そういう意味で、特定の主義だけに依存することはなく、いくつかの社会システムを統合し、シンセサイズして社会を作ってゆくことでしょう。


例を挙げます。

大企業→ 少人数からなる企業
大型飛行機→ 小型飛行機
巨大なオーケストラ→ ソロや四重奏
国家レベル→ 地域政府
所得税→ 地方税
大型バス→ マイクロバス
40階のマンション→ 3階立ての共同住宅
系列テレビ局 → 地域の放送局
客室が1000室のホテル→70室のホテル
レクサス → コンパクトEV

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう例です。
市場的な競争は、価格レベルだけではない部分でも起きるでしょう。
価格表示できない部分が、価格に取り込まれます。
(たとえば、コミュニティーがしっかりしているマンションは価格が上がります)。


日本地域は、このコンパクト主義や志向をこれからの「成長戦略」とすることも
できるでしょう。いままでにないタイプの社会を形成するには
まだまだ技術的にも法制度的にも、また経済的にもわからないことが多い。
これを「成長」と呼ぶならば、です。

日本地域にはきわめて大きな可能性が現在生まれています。

ひとつは文化資本。
また人的資本。
それから社会関連資本。

これらがきわめて分厚い形で日本という土地には残っていて
いまも充分機能しています。

この各種の「資本」が充分に働くようなシステム作り、
これがいますぐに必要ではないでしょうか。

日本地域の希望は、もうひとつあります。
それは16世紀の経験があるということですね。

これはまた改めて書きます。




"コンパクト主義という提言 Compactism" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント