テーマ:音楽

on soundcloud

https://soundcloud.com/jazz1492 最近作った音楽です。 ぜひ聴いてくださいー いろいろなジャンルにわたります♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上智大学の講義、サポートページ 10/12/2012用

講義のサポートページです。 EDM論でしたが、、、内容のポイントは: 音楽における、テンション(緊張)の作り方が変わったという点ですね。 やや説明不足だったかもしれません。 こういうことです。 ①コード進行からテンションを作る方法=キーになるコード→それとサブになるコード                   …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『ナブッコ』、東京二期会オペラ劇場Nabucco &Andrea Battistoni Sparks

オペラ、『ナブッコ』、ヴェルディにとっては大きな転機になったと言われるオペラ。 指揮はアンドレア・バッティストーニ。若手ではあるのですが、音楽的な完成度がきわめて高かったです。実に鮮烈で生きいきした演奏。 まず拍感がひじょうにはっきりしています。自分の席からは指揮がよく見えたのですが、指示の出し方が素早く大きいの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オリジナル曲。

http://soundcloud.com/jazz1492/in-out-in-preview これ、自作の曲です。RMX(リミックス)も含めて、いま30曲ぐらい、このsoundcloudにアップしています。聴いていただけるとたいへん嬉しいです。 震災後から作りはじめました。男女ヴォーカリスト、募集中です 笑 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近楽しんだアルバム。ジャンル分けなく挙げてみます。Recent AlbumS

いまの時代に音楽をジャンルで優劣をつけたりはしないとは思います。なんでも聞くという人は多いですね。 しかし、CDショップが相次いで閉店し、またリアルなショップだとCDが高い。自分の知っている分野、ジャンルしか聞かなくなる、聴けなくなるという傾向が生まれているように思います。 そういうウェブ時代特有の背景も考え、あえて各ジャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニマル・ミニマ、小学生のためのミニマル講座。Minimal Music、Minima

もし子どもに、たとえば小学生にミニマル・ミュージックを紹介するとしたら、どうしたらいいでしょうか? ここでは、歴史的に流れを追うことはせずに、代表的とされる作曲家のものを紹介していこうと思います。 スティーヴ・ライヒの『ディファレント・トレインズ』の一部分です。 このように、単純な音のフレーズを反復してゆくのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウェブラジオを使った音楽の聞き方 Enhancing Your Internet Radio

最近、iTunesに、ムービーやTVがありますが、ラジオが充実していることに気がつきました。 それでしばらく前に買った、YAMAHAのスピーカーシステムを、Macbookのヘッドフォンプラグから出力し、このスピーカーにつなげて、エレクトロを聴きながら仕事したり、読書をしています。 YAMAHA スピーカーシステム NX-A0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/12日、上智大学での講義のサポートページ

この日の講義は大きく2つから成り、 前半は人類の誕生以前から、ミゼルのhmmmmm仮説の紹介と、その仮説内の矛盾を解説しました。 後半は、拡散した人類(ホモ・サピエンス)が、どのように環太平洋に広がったか、そしてそこで演奏された音楽を推定しました。また現代のテクノと民族楽器の関係も部分的に聞いていただきました。 以下、当日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイラ・フィシャー、濃厚と回顧と Delia Fischer's "PRESENTE"

PRESENTEDUBAS MUSICA 2010-08-15 DELIA FISCHER(デリア・フィシャー) Amazonアソシエイト by デリア・フィッシャー。歌、キーボード。 ブラジル音楽の洗練された雰囲気。それはコード進行とか、透明感とか、切れ味の鋭いパーカッションなどがもたらすものだろう。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チック・コリアの献身と野心 Chick Corea on His Way

チック・コリアを8月の一時期にまとめて聴き直しました。 一般的なジャンルとしてはジャズ、フュージョン、プログレッシヴ・ロック、ラテン、といったカテゴリーをまたいでいるといえるでしょう。 7分弱のヴィデオです。ブルーノート東京でのライヴです。ただし現在の店舗に移転する前。途中1ヶ所、画像がカットされていますが、このトリオの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンドンベ、ウーゴ、そしてウルグアイ Hugo Fattoruso & Rey Tambor

プーロ・センティミエントビーンズ・レコード/アオラ・コーポレーション 2010-08-22 ウーゴ・ファットルーソ・イ・レイ・タンボール Amazonアソシエイト by ウェブだけで音楽を聴いていると、マイナーだけれどかっとんだ音楽に出会いにくくなります。それでリアルCDショップに脚を運ぶのですが、そこで見つけた素晴らし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

機長とファンク・ジャズ Captain and Funky Trumpet,Tom Browne

なぜ機長?と思われるでしょうけれど。 この、トランペットを吹いているのがトム・ブラウン。 今回、なかば共演の形のバンド、グルーヴ・コレクティヴのライヴ画像。 本当に久しぶりの新譜が素晴らしい!! S’Up/ワッツアップポニーキャニオン 2010-08-18 トム・ブラウン Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

METのリング、新演出 Propelled Wagner's "Ring" in MET

ニューヨークのオペラハウス、メトロポリタンオペラ、通称MET。便利なところにありますし、最近は映像をライヴやHDの形で映画館で上映しています。マネージャーが変わってから、ずいぶんとオープンになりました。 さて、ここでご紹介したいのは、ワーグナーの『リング』のロバート・ルパージュによる新演出です。 このように、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

インコグニートと「R&B」 Incognito's "TransAtlantic RPM"

Transatlantic RpmShanachie 2010-07-27 Incognito Amazonアソシエイト by インコグニートの新譜がしばらく前に出ています。上記はUS盤ですね。日本盤も出ています。 インコグニート、このバンドはブリューイBlueyをメインにした楽曲がいいバンドなのですが、ときどき軽…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハリケーン・カトリーナから5年のニュー・オーリンズ Music and Trauma

ジャズ発祥の地とされるニュー・オーリンズ。もはやアメリカではジャズはほとんど聴かれない音楽になってしまいましたが、でもこういう伝統という形で残ってはいます。 ここでも画像に出てくるように、もはや自宅に戻ってこない家も少なくない。 このクラリネット・プレーヤー、マイケル・ホワイト、いい音ですね。(同姓同名のドラマーがいます…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

本日の上智大での講義サポート

本日6月11日のメディ対のサポートです。 参考映画 : 『禁断の惑星』(1956年) 『2001年宇宙の旅』(1968年) 『未知との遭遇』(1977年) 『エイリアン』(1979年) 『遊星からの物体X』(1982年) 『メン・イン・ブラック』(1997年)=これはまったく話題にせず。 参考音源(ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヤホンはどれがいいのか?

iPodやiPhoneに付属のイヤホン。最初期よりはよくなっていると思いますが、音がバランスよく出ません。とくに中低音。 それではじめは、イヤホンに何万も出せませんから、パナソニックの2000円代のものを使っていました。これではないですが、こんな感じのものです。 Panasonic ステレオインサイドホン ムーンジュエル ラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Recent Recommendation

Valleys of Neptune (Dig)Sony Legacy 2010-03-09 Jimi Hendrix Amazonアソシエイト by Jimi Hendrix roars and the band also grooves.Elaborately made songs much more than peop…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

live image 10 dix

フランス風味ということで、10周年をdixと読ませるのでしょう。Live Image。実はライヴで見たのは恥ずかしながら初めて。 歌手がいない、インストだけのコンサートが成り立つことが素晴らしい。それは聴き手の幅の広さが必要だから。 またお客さんも、性別、年代もいろいろ。障害者も当然いるし、杖をついてゆっくり階段を昇る、とて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5音階から12音階へ Pentatonic is dancing in your Head

驚異的な画像を見ていただけますか? ジャズやクラシックなどで活躍し続けるボビー・マクファーリンBobby McFerrinによるものです。 どうしてこのような一見不思議なことが起こるのでしょう? つまり誰ともあわせていないのに、みなが同じ音程を出すのです!! はじめにボビーが「予想について話題にしてみましょう」と言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小山裕幾(フルート)、ランチタイムコンサート

小山裕幾さん(fl)は、大きな音を出せる。 これはフルートとしては重要なこと。そして、同時に倍音が鳴っている。一本の管から何本もの管の音が聴こえる。小山さんが高く評価されているのは、こういうところか。 フレージングも正確。はやいパッセージではやや前のめりになり、テンポがはやくなるけれど気になるほどではない。 エマニュエル・…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

capsule's new work ,"PLAY"

PLAYER(DVD付)【初回限定生産】ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2010-03-03 capsule Amazonアソシエイト by イントロもなくはじまるところに本気さがにじみ出ています。コンセプトアルバムと呼んでいいのでは? We have to hear some weird introduct…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンディーズ,Perfume,&大里さん From Pop-Songs to Hardline

キャンディーズの解散直前の動画です。キャンディーズといっても「南海キャンディーズ」のほうがいまは有名かもしれませんが、その「語源」です。 キャンディーズ。アイドル路線で売った3人組み。突然のライヴ中の解散発言と、「普通の女の子に戻りたい」という言葉でより有名になりました。 (その後、バンドが売れなくなると、解散発言をするとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stay with You -LIAR GAME original ver- by capsule

まもなく新譜が出るcapusle。この曲は映画のほうの主題歌。 (PCで見ている方は、画面の右下をクリックすると別ウィンドウが開きます)。 一聴するとなんということない楽曲に聞こえるかもしれませんが、ちょっと待って! たとえば2:10からの20秒くらいのブリッジ部分。コード進行がヤバいです。5分過ぎにもコピーがもう一度出てき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カール・オルフのオペラ、『犠牲』 1st work of Orff's Gisei

カルミナ・ブラーナなどで有名なオルフ。彼は上演はされにくいものの、オペラをたくさん書いています。その彼の初のオペラが『犠牲』。オルフが17歳のときの作品。『菅原伝授手習艦』(すがわらでんじゅてならいかがみ)の翻案。これは四段め、「寺子屋」の段。オリエンタリズム満載とは思われるものの、そういう先入観はわきに置いて見てみたい作品です…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日11/13日の講義サポート。

今日の上智大の『メディ対』の授業の内容サポートをしておきます。 まずはじめの画像はこれ。ブカレストライヴです。チャウセスク政権とカブる。チャウセスクの「人民裁判」画像は酷いので自分で探してください。 下のブカレストライヴと ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]Sony Music Direct 2005-12-07…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 Michael is so much Mo'

マイケル・ジャクソンは、いろいろなギャグネタになり、一方で極端にまつり上げられてきた。そしてアルバム、『デンジャラス』以降は、なかなか本人が思うようにはことが進まないなかで、その状況を逆転させる位置づけがこの「THIS IS IT」ツアーである(あった)。 マイケル・ジャクソンが亡くなったことが、まったく信じられなくなる映画!…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビヨンセ、ライヴレポート、2009,"I am..."ツアー OpenSource Beyonce

本日10月27日付けの日経新聞夕刊に、ビヨンセのツアー評が出ています。渋谷陽一さんが書いていらっしゃる。スペースが小さいので仕方がないと思いますが、肝心な部分の記載がないので、補っておきます。 まずライヴ自体は、ビヨンセが背後からの強い照明で浮かび上がる演出からはじまります。 そう。その前に、ステージ構成の説明を。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more