小さいものとダメ系 The Small and Expressing Self-Discontent

いまの20代の世代を遠くから見ていると気がつくことがあります。

30代前半とは違い、自分探しはしないんです。

ではなにをしているのか?

自己否定です。ダメ、ムリ、イケテない、凹み、ありえない、ウツ、といった語彙によって表現される自己否定です。

彼らがなぜ自己否定を好むのか??

自分の能力を高く見積もりすぎると、実はそれほどの力はないことが判明する場合もあります。そのときに精神的な被害を受けるのを最小にしようという試みのようです。
はじめから、凹み、と言っておけば、「失敗」をはじめから避けられます。

自分否定(のポーズ)世代、とでも呼べるでしょう。


では実際に彼らが、完全に自己否定をしているのか、というとそうでもないのです。願望や欲望は小さい。あるいは大きくても限られたものにしか焦点を絞りません。


この考え方は、一方では個人の能力を収縮させ、現実に「ダメ」な状況をもたらすでしょう。
しかし、このような欲望は小さく、近代的な自己を作らない、という点では、これからの時代にぴったりなのかもしれません。

あまりよくわからない部分もあり、まだ書ききれず。

また後日、修正するかもしれません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック