映画 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 Michael is so much Mo'

画像

マイケル・ジャクソンは、いろいろなギャグネタになり、一方で極端にまつり上げられてきた。そしてアルバム、『デンジャラス』以降は、なかなか本人が思うようにはことが進まないなかで、その状況を逆転させる位置づけがこの「THIS IS IT」ツアーである(あった)。

マイケル・ジャクソンが亡くなったことが、まったく信じられなくなる映画!


(以下、映画の内容に関して記しています。ご注意を)。






全盛期ほどではないが、まだまだトレーニングすれば、ダンスも歌も充分に現役そのもの。まずこれは劇映画というよりも、ドキュメンタリーというのが正確なところか。

ロンドンのO2アリーナで行なわれる予定であったライヴツアーのリハーサル。その数日を編集によってほとんど演奏曲順で並べたと思われるのが本作品。

『Wanna Be Startin' Somethin'』 から、『Man in the Mirror』まで。エンドロールとともに『This is it』が流れる。


リハーサルは一般的にいえば、この映画のようなやりとりを延々とし、実際の動きや手順を何度も確認する。とくに音楽の流れ。マイケル本人と、ツアー監督(映画の監督でもある)オルテガとのやりとりが、かなり細部にわたってわかるところもあり、そのへんは大いに参考になる。


ところが、一見、マイケル・ジャクソン・ファンにはやや不満が残ると思わるかもしれない。音は素晴らしくよい。低音はとくによく聞こえる設定になっている。しかし、マイケル・ジャクソンの歌やダンスはこの程度、と思われたら逆に彼を過小評価することになると思われる。

つまりファンとしては、彼の映画を「物足りない」とはいいにくい。実際感情的になりやすい。一方、はじめてマイケル・ジャクソンを映画で知る人は、「それほどでもないじゃない」と判断しかねない。そういう意味では、中途半端、煮え切らない。

しかし見方を変えれば、ここがいちばん興味深いところ。彼自身のコミュニケートの仕方、日常的なしぐさ。そういう本来は人間的な部分が、<まるで人ではないかのように>画像に残っている。単なる繊細さでもなく、また気が効くといった次元ではまったくない。想像上の天使かなにかのよう!


より現世的な話にすれば、曲「スムース・クリミナル」に、映画、『三つ数えろ』のハンフリー・ボガードと、VJ上で撃ち合ったり、ジェームス・キャグニーが出てきたりする。


またステージ構成もよく出来ている。ステージ上にM字型で、そのMの文字の上部の尖った2ヶ所を立ち上げて、斜面にし、そこを人が動けるようにした通路がある。Mの文字の間にマイケルのバンドメンバーのスペース。ドラム、ベース、ギター2本、バック・ボーカル4人。パーカッション。

火の使い方は衝撃的。それからLEDスクリーン用の画像が本編で多用されています。スリラーやアマゾンの自然保護。一部しかわかりませんが、シルク・ド・ソレイユのような要素もあります。



なお、撮影場所は、Staples Center、LA、USAがほとんど。LAのダウンタウン。
http://www.staplescenter.com/doublecol.php?section=parking&page=parking




バックメンバー :

*パーカッション、バシーリ・ジョンソン。
http://www.bashirijohnson.com/index.htm
ポップスからR&Bまで実に幅広く対応できる人。

*キーボード(?)、モー・プレジャー。
http://www.myspace.com/morrispleasure
何回か聴いてます。要確認か。EW&Fのときはドラムスだったような印象。
記憶違いのはず。

*キーボード? Jonathan Phillip Moffett
いまのところ公式ウェブはない模様。

*ギター、オリアンチ(読み方不明)
http://www.orianthi.com/splash/
など。このギタリストが素晴らしかった!

(追記:詳細は音楽評論の吉岡正晴さんのblogで確認できました。
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/little_diary.cgi?page=10
10/28日のエントリーです。これで間違いないです。ヴォーカルはわかりませんが。追記終わり)。


ダンサーは男性を中心に11人(だと思う)。マイケルは入り12名。シダー・ギャレットの位置を占めるはずの女性ボーカルが弱く、そこは残念。


とても壊れやすく、周囲も彼に気をつかう。そんなフラジャイルな性格が自ずとにじみ出る。
メランコリーや悲しさのようなものが彼の音楽を形作っているのもわかる。そんな映画かもしれない。ただ同時に、リハーサルではない本番の彼を考えてしまう。

<マイケル・ジャクソンは、この映画の程度ではない、決して!>

とは付け加えておきたいところ。



上記ギタリストが公開しているので、youtubeをここに貼っておきます。映画中ではこの曲は出てきましたが、このシーンはありません。




参考 :

VJで使われていた映画。
http://www.imdb.com/title/tt0038355/

http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/
日本語版ウェブサイト。

http://www.thisisit-movie.com/
US版ウェブサイト。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック